移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者

入浴前の準備

入浴前の沐浴:

入浴前に身体をしっかり洗いましょう。そうすることで温泉水のミネラル分が吸収されやすくなります。また周りの人に対するマナーにもなります。お化粧もしっかり落としてから入浴しましょう。温泉水を清潔に保てるのはもちろん、皮膚から温泉のスチームを吸収できる効果も期待できます。

適切なスタイルで:

更衣室にて水着、または「湯屋」にて用意されている浴衣とスリッパを着 用して、露天温泉エリアまで進みましょう。入浴の際には、お手持ちの タ オ ルは水を汚さないよう、浴槽には浸けないようにしましょう。顔の汗を拭く ために必要であれば、畳んで頭の上に載せておくのもよいでしょう。河 原の野外温泉に入るときは、水着を着用しましょう。

静かに入浴:

周りの人に水が飛び跳ねないように静かに入りましょう。また泳いだり、 水遊びをしたり、他人の身体をじろじろ見たりするのは慎みましょう。

品よく浸かろう:

浴槽内で身体を擦るのは慎みましょう。また頭まで浸かったり、顔や髪の毛を洗ったりするのも慎みましょう。

さまざまな泉質のある温泉にて:

浴槽ごとに異なる温泉成分を添加している温泉に入浴する場合は、別の浴槽に入る前に、皮膚についた成分をきちんと洗い流しましょう。

環境への配慮:

温泉水をできるだけ汚染させないようにご協力ください。ペットおよび食物は持ち込まないようにしましょう。環境を守るため、ゴミはきちんと持ち帰りましょう。

タブースパおよびその他の考慮事項バッジ を使用します

睡眠不足、寝不足などの状態での入浴は、脳内の貧血や温泉ショック状態を引き起こす可能性があります。また、飲酒後の入浴は、血液循環が活発になることで脳溢血を引き起こす可能性があります。ご注意ください。

  1. 入浴前に身体をしっかり洗いましょう。
  2. 心臓病、肺病、高血圧、糖尿病およびその他の循環系統の障害など慢性病患者は、入浴前に医師に相談しましょう。
  3. 入浴前後は水分を十分補給してください。
  4. 温泉に入る際は、足から下腹部、全身へと徐々に浸かるようにし、お湯が心臓より下にくるように浸かってください。
  5. お風呂は、任意の不快感を持っている場合に、すぐにプールを出て、サービス担当者に連絡してください。
  6. 長時間歩いたりして過度に疲労している場合や激しい運動をした後は、突然の貧血やショック状態に陥らないようにするため、先に休息をとってから入浴しましょう。
  7. 伝染性を疾患している恐れのある方のご利用はご遠慮ください。
  8. 生理中の入浴は慎みましょう。
  9. ペットの入浴は慎みましょう。
  10. 高齢者の方、健康に自身のない方は、同伴者なしでの入浴は避けるようにしましょう。
  11. 空腹、満腹後および酩酊中の入浴は慎みましょう。
  12. 入浴時間は、一回15分程度が適当です。全体的に1時間を超えないようにしましょう。
  13. 温泉に使った後すぐにサウナに入らないようにしましょう(角膜を傷つける恐れあり)。
入浴前注意
入浴前の準備

最後更新日期:: 2020-02-26
トップ