移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

旧称を「湯圍」という礁渓温泉郷は、福建省出身の漢人「福建省出身の漢人「呉沙」」の入植によって開墾されて生まれた町です。渓流が枯渇していたので「礁渓」という名がつけられました(「礁」は閩南語「乾く」の意)。宜蘭の旧称は「噶瑪蘭(カバラン)」といいます。清道光五年(1825)、噶瑪蘭(カバラン)庁の通判官であった烏竹芳が宜蘭の八つの代表的な風景である「蘭陽八景」として、「亀山朝日」「隆嶺夕湮」「西蜂爽気」「北関海潮」「石港春帆」「沙喃秋水」「蘇澳蜃市」「湯圍温泉」を選出しました。このころから宜蘭の人々は、この郷土を「蘭陽」と呼ぶようになりました。

特色紹介

礁渓流温泉の泉質は、水温は約64℃、中性に近いPh 7.5で、硫黄臭はなく、無味無色です。炭酸水素ナトリウム泉に属し、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム炭酸イオンなどの成分を含みます。入浴後は皮膚がきめ細かく滑らかに光り、さっぱりとします。世界中でイタリアの外は、この礁渓流温泉のみに限られた成分であるフェノールチタンを含み、美容效果が高く、温泉の中の温泉と誉れています。

泉質

炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

1.台湾鉄道に乗って礁渓駅までお越しください。
2.資本旅客1572を取り、1880/ガーマラン乗客1915が到着しました。

礁溪線A

礁渓台湾鉄道駅 > 礁溪客運(溫泉路口) > 礁溪温泉会館センター > 湯圍溝公園 > 跑馬古道 > 老爺得天公園 > 五峰旗風景特定区 > 老爺得天公園 > 跑馬古道 > 李寶興圳 > 林美社區遊客中心 > 林美石磐步道 > 佛光大学 > 佛光大学滴水坊 > 佛光大学雲起樓

礁溪線 B

礁渓台湾鉄道駅 > 礁溪客運(溫泉路口) > 礁溪温泉会館センター > 湯圍溝公園 > 李寶興圳 > 林美社區遊客中心 > 林美石磐步道 > 淡江大学蘭陽站

トップ