移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

台北県の最南端にある烏来郷は、台北県内における唯一の山間の町です。烏来温泉は地元の人々が誇る天然資源であり、また最も大切な観光資源でもあります。言い伝えによれば、烏来温泉の歴史は、約300年前に、原住民のタイヤル族が狩りの途中で、南勢渓流の渓谷から熱湯が湧き出ているのを発見したことから始まります。その狩人はその光景をみて「ウライキロフ!」と声を上げたそうです。「ウライ」とは「温泉」を意味し、「キロフ」は「熱々」を意味します。そして烏来(ウーライ)がのちに北台湾における温泉の代名詞のひとつとなりました。烏来には、桶後渓流と南勢渓流が貫き、その両側には高峰がそびえ、絶壁が切り立ち、山水が映え、麗しい風景が広がっています。また山間を走るトロッコ、温泉、滝、アミューズメントパーク「雲仙楽園」でよく知られています。南勢渓流河畔には温泉館街が向かい合うようにして広がっています。河畔でも温泉水の蒸気が上がっているのがみえ、またそこでも温泉浴を楽しむことができます。

特色紹介

烏来温泉は「美人湯」として知られ、清らかな無色無臭の弱アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉で、水温は80℃ほどです。当地の温泉の源泉は二ヶ所あり、ひとつは山麓の岩の裂け目から流れ出ています。もうひとつは河原の岸辺から湧き出てきます。泉水は角質の軟化効果があります。温泉ブームが高まってからは、一帯に温泉旅館が林立するようになりました。さまざまなスタイルの温泉旅館があるので、預算、時間、交通、人数を考慮しながら、最適な旅館を選べるのが烏来温泉の特長ともいえます。

泉質

炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

客運バス:新店客運バスTel:(02)26660678温泉地内連絡駅:烏来駐車場

烏来原住民部落巡り半日ツアー

トップ