移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

清泉温泉は新竹県五峰郷桃山村に位置し、日本時代には「井上温泉」と呼ばれていた温泉です。弱アルカリ性、無味無臭の炭酸泉で、水質が澄んでいることから、「清泉」と呼ばれるようになりました。以前は新竹八景の一つに数えられ、「清泉試浴」とも呼ばれていました。もともと水量の豊富な温泉でしたが、山崩れによる地層の変動により源泉が枯渇していた時期もありました。しかしその後、921大地震による再度の地層変動で五峰郷の上坪溪に大量の源泉が吹き出し、現在に至ります。

特色紹介

清泉温泉はPH値7.7の弱アルカリ性、無味無臭の澄んだ炭酸泉です。源泉温度は約48度ですが、気温が下がるほど温度が上がります。清泉部落の周辺は俗世から隔離されており、その昔は泳げるほどの大きな温泉だったとの言い伝えが残っています。怪我をした鳩がこの地で温泉治療を行っているのを見たタイヤル族が真似をし、この場で温泉治療を始めました。清泉区は温泉だけでなく、森林浴や吊り橋などの観光名所でも有名です。春には桃の花が咲き乱れ、その美しさに花を添えます。風景区内の清泉歩道、桃山歩道、滝、山地文化区などの観光名所は桃源郷のような雰囲気を醸し出しています。清泉温泉は休日にリラックスするにはもってこいの観光スポットです。

泉質

炭酸水素ナトリウム泉
アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

新竹旅客運5625、5631に乗ることができる石温泉地区

新竹旅客運5629、5630を清泉にすることができる。

トップ