移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

安通温泉は玉里鎮と富里郷の境界地を流れる安通渓流の北岸にあります。奥深い谷の山林と非常に優美な景色のため、「安通濯暖」の栄誉を受け、かつては花蓮八景のひとつに選ばれました。日本統治時代の明治37年(1904)には、安通渓流河畔にてのクスノキの伐採中に、偶然に源泉が発見されました。昭和5年(1930)には、警察招待所が建てられ、当時に公共浴場が建設されるようになり、次第に温泉景勝地として発展するようになりました。日本撤退後は、民国63年(1974)に民間業者へ経営が移譲されるようになり、それを機に「安通温泉大旅社」と改名されました。近年になってから公路沿いに新式ビルが建てられ、「安通温泉飯店」が経営されるようになりました。和式の木造平屋の旧館は、外観とタタミの室内の保存状態は良好なため、「玉里温泉公共浴場」の看板が掛けられたまま、当時の名残を留める建築物として一般公開されています。

特色紹介

安通温泉に泉質は弱アルカリ性塩化物硫酸ナトリウム泉に属します。泉水は透明でありながら、湯の花が漂っているのが見られます。水温66℃の水量が豊かなこの泉水の源泉は、安通渓流一帯の200~300メートル域に分布しています。新しく建てらてた温泉館のほか、地元の人々は、河畔を自ら掘って露天入浴を楽しんでいます。安通温泉地近くには、清朝時代に開拓された安通越嶺古道(日本統治時代は紅莝越嶺道)、があります。台東県長浜郷竹湖村石門渓流を発端に、烏帽子山南側の鞍部を越え、海岸にそびえる山脈、安通渓流を貫け、玉里鎮楽合里まで続く、全長約13kmの古道です。この歴史的価値の高い古道は、現在昔ながらの自然景観が十分に楽しめる遊歩道となっています。安通温泉郷では、温泉のほかに見逃せないスポットといえましょう。

泉質

硫酸ナトリウム
アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

1. 台鉄に乗って玉里駅まで行って、タクシーを交換すれば到着できます。

2. 鼎東旅客運8181に乗れば到着できます。

トップ