移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

泰安温泉は汶水渓流の上流にあります。民国前3年(1908)にタイヤル族のドルラットガイウン(都来蓋努)によって発見されました。日本統治時代にはこの土地に警察療養所が建てられました。民国52年(1963)には、温泉の源泉が虎山であったことから、当時の省主席黄杰によって「虎山温泉」と命名されました。民国67年(1978)は蒋経国総統によって「泰安温泉」と改名されました。「苗62県道」沿いの虎山部落と虎山温泉は、虎山の上と下でお互いにその美しい輝きを放ちあっているかの如くです。虎山の高く切り立った岩壁は壮大で雄雄しく、タイヤル族(泰雅族)の聖山と呼ばれる大霸尖山に似ているとも言われています。また虎山は、汶水渓流域に生活する人々にとって、崇高で偉大な地位と意義の象徴として崇められています。また虎山の山麓は、泰安温泉の源泉地でもあり、いつも多くの人たちでにぎわうスポットとなっています。泰安温泉を取り巻くようにそびえる虎山、横龍山、上島山は「水雲三星」と呼ばれています。なかでも一番高い虎山は、ことのほか険しく、高くそびえた杉が林をなしているのが見えます。また傘のような形をしたクワズイモの葉が群れをなして海のように広がっている様子は、訪れる人に感動を与えます。

特色紹介

苗栗県泰安郷の温泉地の泉質は、無色透明で、Ph 8.48の弱アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉です。水温は約47℃で、入浴飲用とも可能です。

泉質

炭酸水素ナトリウム泉
アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合n

新竹旅客運5656に乗って大湖に行き、5662番を乗って清安まで行って、またタクシーを交換することができます。

泰安温泉と果物狩り、「客家グルメ」の旅1日ツアー

優待情報

トップ