移至主要內容區
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

日本統治時代の明治39年(1896)に、大阪出身の商人平田源吾により、北投にて台湾初の温泉旅館が開業されました。それを機に北投は、温泉郷黄金時代の幕開を迎えました。北投はかつて平埔族(平野にすむ原住民)の凱達格蘭(ケタガラン)族と漢民族の境界地でした。「北投」は平埔族の言葉で”PATAUW”とよばれ、「女巫」を意味しました。かつて北投は女巫の生活の地と言い伝えられてきました。日本統治時代に入ってからは温泉地として発展し、多民族の文化が融合するようになりました。それが今日に見られる北投の文化的特徴となっています。

特色紹介

新北投温泉地の泉質は、白色硫黄泉、緑色硫黄泉、鉄泉の三種に大きく分類されます。水温は37〜40℃、Ph 2.5〜6.2の酸性泉です。北投で知られる観光スポットとしては、北投温泉博物館、普済寺、新北投公園、北投文物館、地熱谷、硫黄谷、防空壕迷宮が挙げられます。北投温泉発展史、当地の特殊地質地形、文化、景観に興味のある方とって最適の観光スポットです。

泉質

白璜泉
緑色硫黄泉
硫黄泉
含鉄泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

1.客運バス:「淡水線捷運客運」バス、「北投線捷運客運」バス
2.客運バス:台北市バス

陽明山国家公園と温泉入浴半日コース

台湾トリップ

MRT北投站 > 北投温泉博物館、梅庭、地熱谷(北投公園) > 硫黄谷(弥陀寺) > 陽明公園、花鐘(陽明公園サービスセンター) > 草山行館(陽明山立体駐車場) > バス乗り換えターミナル(陽明山) > 陽明山国立公園観光センター(第二駐車場) > 陽明書屋 > 竹子湖

優待情報

トップ